SEO(検索エンジン最適化)とは

SEO(Search Engine Optimization)、検索エンジン最適化なる用語が出てきたのは、高性能なロボット型検索エンジンGoogleが日本にも登場してきた辺りでした。

SEOとは特定のキーワードの検索結果が上位になる事で、アクセス向上を目指す物です。SEOの手法は、当初こそ、脆弱性があって、特定の単純な法則に則って、ホームページのhtmlを記述する事で、簡単に上位掲載を狙う事が可能でしたが、現在はアルゴリズムの向上に伴い、そう容易い物でも無くなってきています。それらに伴い最近ではSEO専門の業者も多くなってきています。

本来の検索エンジン最適化(SEO)とは、ロボット型検索エンジンにわかり易く、ホームページの内容を通知するための手法と考えてください。Google自体も注意文を掲載しているように、検索エンジン上位表示を保証する為のテクニックと言うのは存在しません。検索エンジンに上位表示されるべき適切なページが、上位掲載されるのです。優れたホームページの内容、コンテンツを用意し、被リンク数の増加などによる、多数のサイト、有力なサイトに支持される事で、上位表示がなされます。

h1~h6の見出し要素

見出し要素は文書の構成を形成する大変重要な要素であり、新聞や書籍を読むときにこの見出しが重要な意味を持つことで理解できると思います。1~6の数字はレベル(段階)を示します。
h1が無いのに急にh2やh5が出現することもありません。また。見出し要素のレベルと文字の大きさは関係ありません。

SEOを意識したコーディングではこれらのh1~h6の見出し要素を必ず使い、その中に見出しとなる要点を埋め込みます。