Aタグ

Aタグとはアンカータグのことで、あるWebサイトから別のWebサイトへハイパーリンクさせるためのタグのことをいいます。HTMLではと表します。Googleなどの検索エンジンに上位表示させるためのSEO対策として特に重要な意味を持ちます。このAタグ()で挟まれた文字列をアンカーテキストと呼び、このアンカーテキストにリンク先のWebサイトのSEOキーワードを入れることがSEO対策上有効です。

Iタグ

Iタグとはイタリックタグのことをいいます。このIタグは文字を斜体にして弱い強調を意味します。検索エンジンはこのIタグがついたキーワードを重要なものと認識するので、検索エンジンで上位表示させたいキーワードなどをIタグで強調することはSEO対策として有効であると考えられます。

strong,em要素

xhtmlではstrong要素は強い強調、em要素は通常の強調を意味します。
これらの要素で包むことによりseo効果が得られます。
b要素というのはBold(太字)を表す要素ですので意味合いが違うので注意が必要です。

・em要素  :イタリック(斜体)に表示される強調タグ。
・strong要素 :見た目はb要素と同じですが、em要素よりもさらに強調したい部分に使用します。

h1~h6の見出し要素

見出し要素は文書の構成を形成する大変重要な要素であり、新聞や書籍を読むときにこの見出しが重要な意味を持つことで理解できると思います。1~6の数字はレベル(段階)を示します。
h1が無いのに急にh2やh5が出現することもありません。また。見出し要素のレベルと文字の大きさは関係ありません。

SEOを意識したコーディングではこれらのh1~h6の見出し要素を必ず使い、その中に見出しとなる要点を埋め込みます。