SEO対策あれこれ

アフィリエイトリンクとSEO対策・2011年10月24日

アフィリエイトで使用されているリンクは、SEO対策の効果としての被リンクとなってSEOの効果が期待できるかについては、そのリンクがどのような形で設置されているかによるようです。アドサーバーを仲介していたり、効果測定用のパラメータが多数付与されていたりするとクローラーがリンクをたどれないのでSEO対策としての効果は期待できません。逆にクローラーがリンクをたどれるのであればSEO対策としての効果は期待できるでしょう。

リンクエイジ・2011年9月28日

リンクエイジとは、ある特定のWebサイトに対してリンクが設置されてから経過した時間を示す概念のことをいいます。一般的には、設置されてから間もないリンクと比較して、長い間設置され続けているリンクの方が、高いSEO対策の効果が得られると考えられているようです。

URLを認識させるためのコーディング・2010年10月18日

rel=”canonical”は、YahooやGoogleなどの検索エンジンにインデックスさせたいURLを認識させるために使用される「link要素の属性に指定する値」です。これは、Webサイト内に同一の内容のコンテンツがあるページが複数ある場合に、YahooやGoogleなどの検索エンジンはどれか一つをインデックスし、その他のページを除外するので、認識させたいURLを指定するためのものです。

ドメインがいらなくなったら・2010年10月18日

Webサイトの閉鎖や統合などでドメインがいらなくなった場合に、そのドメインを不用意に放棄してしまうと、そのドメインに社名が含まれていたりすると、別の誰かに利用されてしまう危険があります。そこで、ドメインを放棄するのではなく、新しいサイトにリダイレクトするようにしましょう。

下層ページのSEO対策・2010年5月21日

Webサイトのアクセス数については、トップページへのアクセスがWebサイト全体のアクセス数の数十パーセントにとどまり、ほとんどのアクセスは、トップページ以外の下層ページにあります。

それゆえに、SEO対策の効果を出そうとするならば、トップページのみならず、下層ページのSEO対策も必要不可欠なものとなってきます。