SEO対策あれこれ

リンクされやすいサイトにしよう・2010年4月15日

SEO対策において被リンクの数を増やすことは重要な要素です。そこでWebサイトを訪れてくれた人にできるだけ多くのリンクを張ってもらえるようにしましょう。

具体的にはサイト内にリンクを歓迎する文言を入れて、その際、リンク先のURLを指定したり、特定のバナーを使用することを必須としたりするようなリンクに制限を課するような記述は入れないようにしましょう。せっかくサイトに興味を持ってくれた方がいても、このような記述があると気分を害してリンクしてくれなくなる危険があります。

リンクされやすくしよう・2010年2月15日

SEO対策上被リンクはとても重要なものです。できるだけ多くの外部リンクを集めたいものです。そこでWebサイト上によくリンクを歓迎する文言が記載されている場合があります。「当サイトはリンクフリーです。」など。このような文言はできるだけ記載しておいて法がよいでしょう。その際、「当サイトへリンクの際はご連絡ください」、「当サイトへのリンクはトップページへ」などとリンク設定に制限を課するような文言は入れないようにしましょう。そのような文言が入ったサイトもよく見かけますが、そもそもあるサイトへのリンクの設定は簡単でそのような文言があるからといって防げるものではないのです。そして制限を加えるような文言はせっかくリンクを設定しようとしてくれているユーザーの気分を害してしまう危険もあります。

Webサイトにリンクを歓迎する文言を入れる場合は制限を加えないようにしましょう。

SEO対策・京都市の SEO.homepage.jp(SEM)

関連検索キーワードについて・2010年2月10日

関連検索キーワードとは検索エンジンのGoogleとYahoo! で Web サイト検索を行ったときに、検索結果画面の上部と下部に表示されるキーワードのことをいいます。これは、ユーザーが検索したキーワードに対して、それと頻繁に組み合わされて検索されるキーワードを自動的に表示させ、検索キーワードの候補を表示するというものです。これにより、多くのインターネットユーザーがどのようなキーワードで検索を行っているかが分かり、SEO対策上有効な情報となります。

SEO対策としての相互リンクについて・2010年2月10日

相互リンクとは異なるWebサイト間同士でお互いにリンクを張り合うことをいい、SEO対策上有効な手段とされています。ただ自動構築型の相互リンクの場合、作成されるページはリンクが大量に並んでいるだけのページになってしまいますのでアルゴリズムで判定可能となり、Googleでは評価を得られなくなっています。もし相互リンクを行うのであれば個別に適切なWebサイトを見つけてリンク依頼を行っていくのがよいでしょう。

検索結果に不満な場合・2010年2月10日

インターネットユーザーが検索エンジンで何か調べ物をする際、最初の検索結果のページに自分が探しているWebサイトが見つからなかった時にユーザーは次にどのような行動をとるでしょうか。
多くの人は次の検索結果のページを見るか、検索キーワードを追加・変更するか、違う検索エンジンを使うかでしょう。どちらにせよ最初の検索結果のページに無いWebサイトは見てもらえない可能性が高いので、SEO対策を施して検索エンジンの上位表示を狙うなら検索結果の1ページ目である10位までぐらいを狙うべきでしょう。