SEO対策とは

SEO (Search Engine Optimization) とは・2008年4月28日

検索エンジン最適化(サーチエンジンオプティマイゼーション)とは、ある特定の検索エンジンを対象として検索結果でより上位に現れるようにウェブページを書き換えることを言います。英語の Search Engine Optimizationの頭文字を取ってSEOと呼ばれることもあります。

現在、インターネットを活用したWEBプロモーションを考える上で検索エンジン経由のサイト訪問者は、WEBサイトが獲得することのできる最もターゲティングされた、コンバージョン率の高いユーザーであると言われています。

検索エンジン最適化のメリット

企業ホームページで効果的な集客と顧客獲得につなげることは至上命題と言えます。
そのための最適な解決策として、 SEO(検索エンジン最適化) が今、熱い注目を浴びている理由をご説明致します。

ユーザーの80%が 検索エンジンを利用

今やインターネットで情報収集することは日常化しており、インターネットユーザーの80%はYahoo! や Google、msn などの検索エンジンを利用して情報を探していると言われています。検索エンジンユーザーの数は非常に多く、検索エンジンユーザーのアクセスを獲得することで、インターネット上におけるWebプロモーションを非常に有利に展開することができるます。

検索エンジンでは安定した長期的な集客が可能

バナー広告もメール広告も掲載期間が終了すれば、そこで集客もストップします。
SEOは広告と異なり、継続的に施工を実施する事で、長期間の上位表示が可能となります。継続する限り、見込み度の高いユーザーに対してWEBサイトを紹介し続けることが可能なのです。
一定期間の表示しかできないという事はないため、長期的にわたりユーザーを集める事ができますので、売上UPさせる事につながります。

ユーザーのほとんどがGoogle か Yahoo! JAPAN を使用

インターネットユーザーの約7割が、Google か Yahoo! JAPAN を使用している、ユーザーがよく使う検索エンジンは、 Google 、 Yahoo! JAPAN の順で、どちらも7割近い利用率です。

検索エンジンで情報を検索すると、検索結果には膨大な数のホームページがヒットしますが何千件、何万件とヒットする全てを見ることはほぼ不可能なことです。
実際に、検索エンジンユーザーの70%は、検索結果の2ページ目までしか見ていないという調査結果が出ています。要するに、自社のホームページを見てもらうためには、検索結果の2ページ目以内に表示(上位表示)されている必要があると言えるのです。

ブランディング効果

SEO(検索エンジン最適化)で得られるメリットのひとつとしてブランドイメージの向上があります。ユーザーが関心のあるキーワードで検索をする際、常に検索エンジンの検索結果上位表示される事によりユーザーによる認知を高めることができます。1番目に表示されるWEBサイトの印象は約8割のユーザーに好印象を持たれているという結果が出ています。1番目とまでいかなくても1位~20位に上位表示されることによりサイトのイメージが良くなることは明確と言えるのです。